サルでもわかる世界・日本ボクシング解説

ボクシングに関するニュース・基礎知識(階級、団体、etc)、伝説のボクサー、最強ボクサー等徹底的に紹介していきます。皆さんにわかりやすく、楽しくボクシングをしってもらい、ボクシングファンを一人でも増やしていけることがモットーです。

GGG !!現ボクサー最強の呼び声高い!!ゲンナジー・ゴロフキン

総試合数 37 勝ち 37 KO勝ち 33 敗け 0

PFP 4位の呼び声の高い選手

現ミドル級三団体統一王者

WBA世界ミドル級スーパー王者。

WBC世界ミドル級王者。

IBF世界ミドル級王者。

 

戦績見ての通り、KO率が80%超える化け物

驚異の世界戦18連続KOの選手である。

正直。PFP1位でも全然おかしくない。

彼のコンビネーション・スピードはそこまで優れているとは言えないが、他の選手よりも、俄然技術力が高い。そして、一撃が恐ろしいほど強い。ジャブでさえ相手をKOしてしまう選手である。特に右ストレートは当たれば確実にKOである。その強打を使ったプレッシャーにどの選手も飲み込まれていった。スタミナも非常あるそして打たれ強さもかなりタフである。相手との間合いの取り方、またパンチを放つタイミングはこの選手が一番うまいように感じる。また、防御では、バックステップ・ガードが主体である。相手が強打者であろうと、ディフェンスマスターであろうとも、瞬時に適応し、確実にパンチをあて粉砕してきた。

 

つまり、試合運び、パンチ組み合わせが的確である。

特に、デビットレミュー戦は相手が超好戦的ボクサーということもあり、ジャブによって相手の出鼻をくじき、的確に自分のパンチを当ててKOまで持ち込むという非常に技術的な試合運びでKOを奪った。

 

唯一善戦したのが。ダニエルジェイコブスだった。この試合では世界戦KO連続記録の更新がかかっていたが、ジェイコブスの体のさばき方そして、パンチをもらった後はコンビネーションで返すという非常に作戦的な戦い方でゴロフキンをなかなか懐に入れなかった。それでも、間合いが近くなった一瞬を見逃さず、4回ではダウンを奪った。KOまではこぎつけなかった。(僕はジェイコブスがしきりに左右にスイッチし、うまく、ゴロフキンの右を近づけなかったように感じた)

 

その試合が影響し、現在ではパワーが落ちてきたのでは危惧されている。