サルでもわかる世界・日本ボクシング解説

サルでもわかる世界・日本ボクシング解説

ボクシングに関するニュース・基礎知識(階級、団体、etc)、伝説のボクサー、最強ボクサー等徹底的に紹介していきます。皆さんにわかりやすく、楽しくボクシングをしってもらい、ボクシングファンを一人でも増やしていけることがモットーです。

ミドル級最強!村田諒太の対抗王者!現ボクサー最強の呼び声高い!ゲンナジー・ゴロフキン

総試合数 37 勝ち 37 KO勝ち 33 敗け 0 引き分け1

PFP:1位、2位の呼び声の高い選手

現ミドル級三団体統一王者

WBA世界ミドル級スーパー王者。

WBC世界ミドル級王者。

IBF世界ミドル級王者。

 

愛称はGGG(トリプルジー)

戦績見ての通り、KO率が80%超える化け物

驚異の世界戦18連続KOの選手である。

すべてのボクシング選手の中で最強と長い間いわれてきた。

特徴

まず、1つ目として、

一撃が恐ろしいほど強い!!

世界戦18連続KOの世界記録を持つこの男は、やはり周りの選手と比べて破壊力が断然違う。

ジャブでさえ相手をKOしてしまう選手である。普通のボクサーがジャブでKO持っていくのはかなり難しい。特に右ストレートは当たれば確実にKOである。要するに、この男もパンチはすべてがKOパンチなのである。そして、視聴者は必ずKOを期待してしまうスターである。

 

次に、技術力が高さ!!

彼のスピードは他の選手よりもそこまで優れているとは言えないが、それを補う以上の技術力の高さ。上下のパンチのチ散らし方がまた絶妙なのである。間合いの取り方。コンビネーションの工夫。なにをとっても一級品である。相手が強打者であろうと、ディフェンスマスターであろうとも、瞬時に適応し、確実にパンチをあて粉砕してきた。

 つまり、試合運び、パンチ組み合わせが的確である。

 

デビットレミュー戦

相手は超突進型の選手。パンチ力もそれなりにある。打ち合いになるとどうなるのか期待していた。

しかし、デビットレミュー戦では相手が超好戦的ボクサーということもあり、ジャブによって相手の出鼻をくじき、的確に自分のパンチを当ててKOまで持ち込むという非常に技術的な試合運びでKOを奪った。

その強打を使ったプレッシャーにどの選手も飲み込まれていった

 

次に、スタミナ!!耐久力!!

これまたチートレベル。

序盤中盤終盤全くスタミナが落ちない。年齢的にきついと思われるのに、最後の最後までどきついプレッシャーがかかっていく。おまけに、いいパンチもらってるのに、全く効かないw

「参考」サウルカネロアルバレス

相手はこれまで戦ってきた最高の相手。テクニックも最高級のものもっていた。しかし、中盤以降、ゴロフキンのプレッシャーに飲み込まれている部分があった。何発かいいパンチをもらっているのに鋭いリターンそして、全くプレッシャーを弱めない精神力まさに化け物。

 

最後にディフェンス面

防御では、バックステップ・ガードが主体である。最近では何発かもらうようになったが、バックステップのタイミングがうまく、これまであまり被弾してこなかった。

 

直近の試合

 

唯一善戦したのが。ダニエルジェイコブスだった。この試合では世界戦KO連続記録の更新がかかっていたが、ジェイコブスの体のさばき方そして、パンチをもらった後はコンビネーションで返すという非常に作戦的な戦い方でゴロフキンをなかなか懐に入れなかった。それでも、間合いが近くなった一瞬を見逃さず、4回ではダウンを奪った。KOまではこぎつけなかった。(僕はジェイコブスがしきりに左右にスイッチし、うまく、ゴロフキンの右を近づけなかったように感じた)

 

その試合が影響し、現在ではパワーが落ちてきたのでは危惧されている。

まとめ

はっきし言って強すぎますね。彼のパンチ力、そして高い技術力が、これまでのれんぞくKO 支えてきたのでしょうね。

村田諒太は対抗できるのかについてですが、、、、、、

 

まだまだ勝ち目がないように感じます。