サルでもわかる世界・日本ボクシング解説

ボクシングに関するニュース・基礎知識(階級、団体、etc)、伝説のボクサー、最強ボクサー等徹底的に紹介していきます。皆さんにわかりやすく、楽しくボクシングをしってもらい、ボクシングファンを一人でも増やしていけることがモットーです。

現PFP一位 ワシルロマチェンコ~当たらなすぎWW、神ディフェンス!~

ハイテク!!まさに高性能ボクシングマシーン

現PFP1位 ワシルロマチェンコ

f:id:kawano21310062:20170721212525j:plain

現在PFP一位

現二階級制覇王者

マチュア戦績は397戦396勝1敗。アマチュアでは無敵を誇っていた。

2009、2011の世界ボクシングで金メダル、2008年、2012年オリンピックで金メダル

なお、一敗は2007年の世界ボクシングの決勝においてのみである。

 

プロ転向後、初戦で世界戦に挑み、オルランド・サリドという非常に経験豊富なボクサーと試合を行った。しかし、プロでのなれないクリンチ等に苦しめられ、まさかの一敗になってしまった。

現在は、世界最速で二階級制覇、いまのとこライバルが見つからず困るぐらい強いw

総合的スピードはおそらく世界一華麗なフットワーク機械的ボクシングを行っている。つまり、移動→パンチ→移動という風に所作がすべてわけられているため、機械的なボクシングに見え、それが高速で展開されていくため、ハイテク(高性能)と海外では人気である。見ていてやはりすごいとしか言いようがない。

しかし、パンチ力が見られないため、人気はまちまちである。しかし、それ以上に素晴らしいボクシング技術があり、どんなボクサーも回り込まれ的確なコンビネーションで八方ふさがりの状態に追い込まれる。よく選手が棄権してしまうほど、スピードである。

これでパンチ力ついたら、どうしようもないですね(笑)

これからが非常に期待される王者です。